スポンジアとは

 microlabospongilla.JPG

スポンジアとは? 


スポンジアとは. ヨーロッパなどの湖底に生息する淡水性海綿です。
およそ20種類の針スポンジアがあり、一般的にきれいな湖と穏やかな小川に住んでいて、黄色や茶色または緑色のような色をしています。
ほとんどの人がスポンジアを植物と間違えますが、実際、スポンジアは一種の動物であり、そして骨格と骨を持つます。


淡水スポンジの最初の用途はヨーロッパからです。
地元の人々はにきびを治すために伝統的なトリートメントとしてスポンジアを使用してきました。

きれいな水の中に住んでいる淡水スポンジを選び、日光の当たる場所で乾燥させ、ふるいにかけ粉状にします。


粉状にしたスポンジアをお肌に塗ることで、お肌が回復することから
ヨーロッパでは広く使用されておりました。
日本で傷口にアロエを塗るような感覚と似たような位置づけで、お年寄りから子供まで気軽に使用していたそうです。

それが今では大陸を越え、日本の美容業界では画期的な美容法として地位を確立しております。


しかしながら、実際にこの美容法に必要なのはスポンジアの【棘】の部分だけです。
【棘】以外の不純物は皮膚に有益ではありません、さらには皮膚アレルギーと感染を引き起こす可能性があります。
したがって、可能な限り純粋なスポンジアの【棘】だけを抽出するために他の不純物を除去する必要があります。
スポンジアは種類や精製の工程など様々で、精製の工程が荒いものもあり、精製の工程が洗いと不純物が含まれてしまう場合もございます。


いかに【純粋なスポンジアの棘だけ】を使用するかが要だと思います。